【2021】フェイスブックの仮想通貨リブラ(diem)とは何か?

仮想通貨

リブラってきいたことありますか?2019年頃フェイスブックが発行する仮想通貨っていうことでかなり話題になりましたよね。

実はこのリブラ、まだローンチされていないんです。ようやく2021年、リブラをDiemと名称を変更しローンチされることが濃厚になりました。

※とは言え、皆さんにはまだリブラの方が馴染みが深いと思うので、この記事では引き続きリブラと記載していきます。ご了承ください。

仮想通貨好きにとっては、フェイスブックが発行する仮想通貨なんていうビッグウェーブに乗り遅れたくないですよね?

この記事はこんな疑問をお持ちの方におすすめです。

・リブラ(Diem)っていったい何?
・前から話題だけど、いつからどこで買えるようになるの?
それでは早速中身を見ていきましょう!

 

 logo

そもそもリブラとは?

フェイスブックが発行する仮想通貨

リブラはフェイスブックが発行(予定)の仮想通貨の総称です。2019年にフェイスブックから発表されました。

当初は2020年に流通開始を目指していましたが、未だに超えるべきハードルが多すぎて中々ローンチ出来てないのが現状です。

ちなみにリブラを仮想通貨と記載しましたが、未だにリブラは仮想通貨かどうかの論争が繰り広げられています。こちらの理由については後ほど!

金融インフラを作ることが目的

フェイスブックがリブラの発行の意義として掲げているのは「Financial inclusion」の裏付けのためとしています。

「Financial inclusion」

貧困や経済的な理由により銀行口座を持てない人たちにも金融サービスを与えるというもの。フェイスブックによると銀行口座を持たない人は世界中に17億人いるという。その人たちにもお金のやり取りを自由に行ってもらおうというのがフェイスブックの考え。
フェイスブックユーザーは全世界で27億人近くおり、ユーザー全てが仮にリブラを利用するようになると、なんと全世界の40%近くがリブラを使うようになる可能性もあるんですね。

他の仮想通貨とはどう違うの?

価格が安定した仮想通貨

仮想通貨が好きな方であれば、仮想通貨の最大のデメリット(投資家にとってはメリットでもある)がボラティリティの大きさであることは知っていると思います。

それに対しリブラは通常の仮想通貨とは違いステーブルコインであるとしています。

「ステーブルコイン」とは?

ドルや円といった法定通貨(私たちが普段使うもの)と連動させることで、価格の変動が小さくなっているコインです。

ビットコインなどの仮想通貨はドルや円とは全く別物ですよね。なので何の裏付けも無く、価格がめちゃくちゃ変動するんです。

またここでもうひとつ覚えていただきたいのが、バスケット型リブラと単一型リブラという2つの考えです。先に結論から言うと、生来的にリブラが目指すのはバスケット型リブラです。

「バスケット型リブラ」

バスケットを想像してください。🏀では無くてカゴの方ですね。バスケット型リブラは、色々な法定通貨をバスケットに入れてミックスしたものを価値の裏付けとしているリブラです。

例えば、米ドル 40% 日本円 25% 中国元 20% フランスフラン15%

これらの通貨を組み合わせて、価値の裏付けを行おうという仕組み。確かにこれだと、どこかの通貨が暴落してもリブラの価値は大きなダメージを被らなくて済みますね。

「単一型リブラ」

対して単一型リブラとは、米ドルや日本円、他通貨の1つに価値が裏付けされているということです。
つまり米ドルの価値が下がったらリブラの価値も下がるということですね。

当初フェイスブックは「バスケット型」でいこうと思っていたそうですが、特に欧州各国からこの考え方を危険視され、まずは「単一型リブラ」でいこうということになりました。とは言え理想形を「バスケット型」として今後も交渉を続けていくそうです。
まとめると、リブラは他の仮想通貨のようなボラティリティを無くすことで、安定した通貨を目指しています。

中央集権型ブロックチェーンの仮想通貨

ビットコイン等の仮想通貨を思い出してください。仮想通貨は分散型のブロックチェーンでしたね。ブロックチェーン上の取引はどこかの組織ではなく、それぞれ独立したコンピュータから管理・実行されているのが特徴でした。

ところがリブラの場合、ブロックチェーンの管理は、ディエムアソシエーション(旧:リブラアソシエーション)と呼ばれる協会に加盟している企業のみ行うことができます。

※ちなみにこの教会、発足当初はVISAやMaster Card等名だたる金融系企業が加盟していましたが、各国での規制が強まるにつれ、そういった企業も協会から脱退している状態です。

また、この協会は自らもローリスクな投資活動を行い、そこで得た利息を基に運営を行っています

ちなみにリブラ(Diem)の最新情報がTwitterで常に更新してくれています。こちらをチェックしておきましょう!

決済スピードがめちゃくちゃ速い仮想通貨

では何故中央集権型ブロックチェーンを採用しているのか?フェイスブックは表向きの理由として”決済スピードが速いから”としています。

ビットコインの取引スピードって知ってますか?実は毎秒7件の取引しかできないんです。これが分散型ブロックチェーンの弱みでもあるんですね。

対してリブラが提唱する中央集権型のブロックチェーンであれば毎秒2万件以上の取引が可能になります。

リブラと他の仮想通貨の違いまとめ

これまでみたリブラの特徴をまとめる以下のようになります。

・ステーブルコインで、価格が常に安定している。
・中央集権型のブロックチェーンを敷くことで、管理者が限られている。
・決済スピードがものすごく早い。

これらのことから、リブラの最大の特徴は実用性が非常に高いということが分かります。

ビットコインなどの仮想通貨は市場規模が確かに拡大してきてはいますが、どちらかというと投資目的であるとの見方が一般的です。

リブラが本当に発行されれば、間違いなく実用性に富んだ使い方が近い将来されると思います。

リブラが普及した世界はどんな世界?

Like_3D_9_12それではここでリブラが普及した世界はどんな形なのか見ていきましょう。

誰もが銀行口座を持てるようになる

こちらは冒頭説明した部分ですね。日本にいると何も思いませんが、世界にはスマホは持っているけど銀行口座は持っていない人がたくさんいます。リブラが普及すれば、これまでお金を貯めるということが無かった人たちにも金融の機会が巡ってくることになります。

超簡単な国際送金が可能に

リブラが提供するウォレットであるNovi(旧:Calibra)を用い、海外に簡単に送金を行うことができます。それもめちゃくちゃ速いスピード、さらに低コストで。

両替の概念が無くなる

例えば海外に旅行した際に、今までは現金を使用する場合は現地で両替、またクレジットカードを利用する場合も為替を考慮する必要があるなど、面倒なことが多かったですよね。それがリブラの場合はウォレットを使いどこでもモノ・サービスの購入が可能になります。

30億人が使える通貨

現在フェイスブックは30億人近いユーザーが存在します。もしリブラ圏が実現すると、ユーロ圏の4.5億人を大きく超える巨大な経済圏が誕生します。

皆さんは海外旅行に行ったときに「ここでも日本円使えたら楽なのになあ」と感じたことはありませんか?リブラはそれを現実に叶えてくれます。

リブラの将来を考えると正直ワクワクが止まりませんね。

リブラが抱える不安要素とは?

ただ残念ながら、リブラの議題としてあがるのは、常に不安要素の方が多いというのが現状です。2021年にもなってローンチ出来てないのはそのためなんですね。

ここではリリブラがどんな不安要素を抱えているか見ていきましょう。

セキュリティ対策

フェイスブックの規模は現在世界ユーザー27億人と大規模なものです。言うまでもなく、1つのアクシデントが引き起こすインパクトは相当大きなものと予想されますね。

リブラのプラットフォームのセキュリティーは、ビットコインよく似ています。なので利用は実名を使う必要がありませんが、匿名ではないため必要があればユーザーの特定も可能になります。

と言えコインチェックの例も記憶に新しいと思いますが、運営が開始されるまでは100%安全という訳にはいかなさそうです。

またリブラ=フェイスブック運営(実際にはそうではないです。)と捉えているユーザーも多いので、もし仮想通貨リブラに何かしらの悪いうわさが立てば、フェイスブックの価値も大きく下げかねないですね。

金融システムや通貨発行権崩壊の可能性

説明したように、リブラが誕生すれば世界で最大の経済圏になります。もし27臆人のユーザーが既存の各国通貨よりリブラを選べば、今の金融インフラはたちまち崩壊してしまいます。

またリブラが各国の通貨発行権を脅かす存在となります。とは言えドルや円がすぐにリブラにとって代わる可能性は極めて少ないと言えます。

問題は途上国の通貨です。今でも途上国の一部は事実上ドルが法定通貨の役割を担っている国もあります。その役割をリブラが取って代わる懸念も考えられています。

マネーロンダリング

現在も銃や武器の取引といった取引に仮想通貨が使用されることも多いというのが現状です。さらに規模が大きいリブラであれば、同様の懸念が生じるのも当然ですね。

リブラの現在は?日本ではいつから発行?

既にお話したようにリブラは当初とは大きく形を変えたローンチを目指しています。そもそもDiemに名前が変わってしまってますしね。ちなみにDiem側は名前を変えた理由として以下のようにしています。

「リブラという名前は、当局の厳しい批判を受けた初期のプロジェクトに大きく関連づけられている。私たちはその問題を大きく受け止めている。」

要するに、”リブラ=悪”という初期のイメージを払拭すべく新しい名前で再出発をしたということですね。覚悟がうかがえますね。

では果たしていつからDiemは使えるようになるのでしょうか。

2021年3月末

今年の3月末から、米ドルに連動したステーブルコインとしてローンチされるそうです。もうすぐですね!

日本では?

残念ながら日本でDiemを購入できる日程はまだ決まってないそうです。恐らく日本の仮想通貨取引所で最初に扱うことになるのはCoincheckだろうと私は考えています。実際に仮想通貨の銘柄取り扱いは他を圧倒していますし。

まとめ

如何でしたか?リブラ(Diem)に興味がわいてきたんじゃないでしょうか。

ただ、ここで仮想通貨好きとして考えてしまうのは。

「Diemってほんとに仮想通貨って言える?」

ということです。Diemの特徴は単一型ステーブルコインであり、これはどちらかというと電子マネーに近いような気もしてきます。

さらに、ブロックチェーンの一番の特徴である「みんなで管理しよう」という考えからも少しずれているので、仮想通貨の一種類として扱うべきかは不明です。

ただひとつ言えるのは、Diemの登場で私たちの暮らしに何かしらの影響が出るということですね。

それが良い影響だと信じて、Diemのローンチを待っていましょう!

ありがとうございました!

このブログは下記公式HPを参考に作成しています。是非皆さんも一度ご覧ください。

Diem公式HP 

コメント

タイトルとURLをコピーしました